注目

主婦でもママでも始められる 在宅WEBライターのお仕事

家事と育児に追われる中であっても、働いて収入が欲しいと思っている女性はたくさんいます。私もその1人です。結婚5年目、2才と0才児の母、近々新居に引っ越すこともあり、何か家計の足しになることをしたいと考えていました。

結婚前はエステシャンだったので、ゆくゆくは復帰したいと思っています。しかしそれは、子どもがもっと大きくなって平日にまとまったフリータイムが出来てからのこと。今は、お小遣い程度をすきま時間でちょこちょこ稼ぐのが現実的です。

<初めて知った「WEBライティング」というお仕事って?>

主婦・仕事・在宅などさまざまなワードで検索をかけ、情報収集をしていた時、学生時代の友人が、WEBライターをして副収入を得ていると知りました。ご主人の海外赴任先で第2子を出産した、タフな女性です。彼女の投稿を見て「なるほどそんな仕事もあるんだ」と初めてライティングの仕事に興味を持ったのは、この時です。

とは言っても、下の子は0才。もともと仕事をしているママさんでも育休をとる期間です。子どもを預けずに働くのが条件だったので、体力的に無理がないということが大前提でした。さらに執筆のスキル・経験も全く無かったので、今の自分に本当に出来るかどうかを調べました。

2

<まずは求人探し 自分の生活スタイルに合う会社選びの方法>

友人がやっていた仕事は「クラウドソーシング」という形態の会社と契約して執筆するスタイルです。「タスク方式」と呼ばれるそうですが、ライターとして登録し、自分が書けそうな案件を選んで書いていき報酬を得るという働き方です。この場合会社の役割はあくまで発注者とライターの間に入る、仲介業者のようなイメージです。手数料も最大20%取られるようです。

彼女の場合、住んでいる人にしか分からない穴場スポットや観光時の注意点などが得意ジャンルですが、その他に料理のこと、語学のことなども少し扱っています。自分のペースに合わせて仕事量を加減しているそうで、プライベートと両立できる所が主婦向きでオススメと教えてくれました。

私の場合はライティング未経験で、“書けそうなジャンル”“書くペース”というものが思い当たりません。未経験OK+育成サポートのある会社という項目も、会社探しの条件に加えました。

「WEBライター 育成」で検索すると、ほとんどがスクールのサイトになってしまいます。働きながら育成してもらえる会社は数社にしぼられたので、ここからは各社の募集要項などを見比べ、最終検討です。

<私が育成スタイルの会社を選んだ理由>

専属のライターを雇い、記事を発注するスタイルの会社もあります。「クラウドソーシング」との一番の違いは、納品までに担当者が付き添削・指導をしてもらいながら書く点です。

このマンツーマン対応、仕事探しの時にはそれほど重視していませんでした。しかし、仕事を始めてみて、そのありがたさは日々痛感しています。文章そのもの・納期・執筆ペースなど、初めてのライティング業務は「困った!」の連続です。それらをメールなどで逐一相談できるため、初心者の方はこちらへの応募を強くオススメします。

<私のファーストステップでのゴール設定と目標収入>

比較検討で一番気にしたのは、見込み収入と労働時間です。希望は、目標2万円/月・週10時間労働です。2万円というのは、結婚前から趣味で続けているフラダンスのレッスン費です。子育て家庭にとって痛い支出ですが、どうしても続けたかったので、自分で費用をまかないたいと考え設定しました。

週10時間という設定は、平日に1日2時間ずつであれば、お昼寝の最中・夜子ども達が寝た後などでクリア出来そう、という計算によるものです。

これらについて、はっきりと目安量を提示してくれる会社サイトは、意外にも少ないものです。特に私は子育て中ということを伝える必要があったので、実働について一番具体的に書いてある所に応募しました。無事採用され、研修を受けながら記事を書き始めたのが、私のWEBライターデビューまでの経緯です。

<会社選びは妥協せず、できる限り自分の条件と合うところを>

私が一番重要視したのは「安定した仕事と定期収入」が望めるところですが、それ以外にも設定した条件を下記してみます。

1. 子どもを預けない
2. 体力的に無理がない
3. 専門知識や経験が必要ない
4. 育成制度がある
5. 担当者制で相談しながら働ける
6. 全く作業できない日があってもOK

これだけの条件をクリアできる仕事は、本当に少ないです。在宅ワークは、働きたいママさんにとって、唯一の選択肢かもしれません。これから仕事を持ちたいと考えている方、または、無理だろうと諦めかけている方、私の体験エピソードを参考にしていただければ嬉しいです。